中国語オンラインレッスンを5ヵ月続けてわかったこと

幫助中文學習
Sponsor Link

こんばんは。久しぶりの投稿です。
華ドラ記事のPVは少しですが動いているので、
こんなブログでも見て下さってる方がいると思うと
嬉しい限りです。頑張れます。
また、同じドラマで熱狂し合える同士は
リアルには少ないのでTwitterで皆さまの
感想ツイート見るとテンションが上がります^^

****

今日は、中国語オンラインレッスンを受けた感想をお話したいと思います。
華ドラを観て中国語を勉強したいと思っている方、
中国語の会話力を身につけたいと思っている方のご参考になれば幸いです。

受講期間

2021年7月~12月までのまる5ヵ月受けていました。
ちなみに、2年前も受けたことがありその時は2か月で挫折しました。

オンラインレッスン メリット

 

1、ネイティブの発音が聴ける

はい。よくも悪くもネイティブの発音が聴けます。日本人に中国語を教わるのも良いですが、オンラインレッスン各社では、現地に住んでいる先生が多く登録されていますので、様々なネイティブの方を指定でき、訛りや方言も含めて、ネイティブの発音を聞くことが出来ます。

2、1対1なので、マイペースに学べる

グループレッスンだと、クラスのレベルに合わせて授業が進んで行きますが、オンラインレッスンでは、1対1が基本なので、生徒一人一人に合わせてテキストや進度が調整できます。また、テキスト以外にも、自分が勉強したいことがある場合は、それに合わせて先生も教えてくれます。

ちなみに私は、日本語から中国語への翻訳をやりたかったため、新聞の日本語記事を中国語に訳したものを用意し添削してもらったりしていました。先生にもよりますが、お願いすればどの先生もやってくれるでしょう。逆に、相手は中国人なので、よっぽど日本語が得意な先生ではない限り、中国語→日本語の添削は難しいと思います。日本語の解る先生なら意訳はしてくれますが、正しい日本語になるかどうかは、先生の日本語能力次第です。先生は、中国語の先生であり日本語のプロではないです。日本語ができるのは、おまけ程度に思っておいた方がいいです。

3、好きな時間に学習できる。

業者や、先生によっても違いますが、早いと朝6時半から、夜は11時頃まで授業が受けられます。
通学スタイルや、グループレッスンの場合、決まった曜日、時間で、なかなか固定で予定を入れられない方もいらっしゃると思いますが、オンラインレッスンなら好きな時間に予約することが出来ます。会社員のかたでも、出勤前や、就寝前に受けることが出来るので、時間的には続けやすいでです。

4、料金が安い

通学タイプの語学教室や、現地に語学留学するとなると、1時間2000円~だったり、渡航費や授業料は少なくとも10万~という相場でしょう。ですが、オンラインレッスンは、30分200円前後~とプランによっては非常に安いお値段で受けられます。

私は毎日30分のプランでしたが、たまに休んだりしていたので平均すると1レッスン320円くらいで受けていました。

オンラインレッスン デメリット

1、先生の質にムラがある

オンラインレッスンは、安いだけあって教師未経験学生のアルバイトのような方も多くいます。もちろん人によっては教えることに真剣な方もいますが、中には、「会話レッスン=雑談」と思って、基本的なこと、出身は?中国に来たことある?好きな中国料理は?趣味は?等、を話して終わってしまうこともしばしば。
もちろん、初めましての先生なら1回目の授業は基本的なことを聞いて終わってしまうかもしれませんが、毎回雑談ばかりしている先生なら、自分がやりたいテキストや授業内容についてリクエストした方が良いです。

2、積極的に授業を受けるのが苦手な人には不向き

積極的に授業を受けるのが苦手な人にはオンラインレッスンは向いていないです。
私たちがこれまで受けてきた教育を思い出してください。私たちは、黙って机に向かって先生の話を聞いているだけで、先生は体系的にまんべんなく知識を教えてくれようとしてくれました。そして、それが当たり前だと思い込んでいます。つまり、受動的に授業を受けることに慣れきっていて、それをオンラインレッスンに求めると不満が残ります。「30分の授業を受けたのに何ひとつ学んでいない」と。
オンラインレッスンは、先生が授業を用意し、一つ一つ丁寧に体系的に教えてくれるものという考えは捨てて下さい。生徒側が授業で教わりたいことを用意していく場です。授業後や放課後の職員室に直接質問しに行くときと同じ気持ちでしっかり準備して挑みましょう。

3、WeChatをダウンロードする必要がある

レッスンは、WeChatかskypeで行われる場合が多いです。
人によっては、中華アプリをダウンロードすることに抵抗がある場合もあるのでその人にとってはWeChatをダウンロードすることはデメリットに感じるかもしれません。
ちなみにWeChatは重いのでスマホのメモリーが少ないひとにとっても負担かもしれません(そんなスマホを使ってるひとはわたしだけ?あと、充電の減りがやたら早くなった気がします…。)。
一応skypeでもレッスンはできますが、最近は規制が厳しいので通信が乱れたり、つながらなかったり音声が悪かったりとトラブルが多く「ウェイ?(もしもし)」とっているだけでレッスンが終わってしまうことも…。WeChatの方が安定するので、これから始める方はWeChatをダウンロードしておくと良いでしょう。

オンラインレッスンで挫折しないために

2年前にオンラインレッスンを始めたときは2か月で挫折してしまいました。挫折の要因としては、中国語が難しすぎて仕事と勉強を両立することが苦痛に感じてしまったからです。
これから始める人に挫折しないために何か言えるとしたら

1、現状のレベルよりちょっと易しいレベルのテキストを使用すること
2、予習復習の時間をきっちり取ろう!

この二つです。1に関しては、中国語は漢字なので日本人からすると、「声に出して読めないけど、意味はなんとなく分かる。」という場合が多く、日本語の能力を駆使してわかった気になっていることがあります。声に出して読むことや、文章を組み立てて話すということはできないのに、意味が解るため本当のレベルより難しい文章が理解できてしまいます。文章が理解できるというレベルに合わせてテキストを選んでしまうと、いざ先生の前で音読したり、そのレベルで文章を組み立てて話そうとした時に、文法や語順が解らなくて言葉に詰まってしまいます。実力より難しすぎることが多いとどんどん苦痛が増していきますので、テキストはちょっと易しめを選択することをお勧めします。

2については、当たり前と言えば当たり前なのですが、授業に臨む前は予習復習は本当に大事です。限られたレッスン時間の中で如何に疑問を無くせるか、そしてどれだけ話す練習ができるかを意識しましょう。

私は、毎日30分コースを受講していましたが、始めたころは日々予習復習に追われてとても大変でした…。休みの日に数日分を予習して、もし仕事の日に予習が出来なくても、レッスンでテキストを進められるようにしていました。(もちろん、無理に予習しなくても先生と相談して「今日は雑談しましょう!」でも良いと思います。)

*****

以上、「オンラインレッスンを5ヵ月続けてわかったこと」でした
ネットで「中国語 オンラインレッスン」と検索すると様々な業者が出てきますが、
結局受講者数が多かったり、値段がやすかったりするところがいいのではないかと思います。
先生の質は、その個人によるところが大きいですし、
「この業者はどの先生も教育がいきとどいているなぁ~」なんて感じたことはないです。
どの業者にもいい先生もいるし、合わない人もいます。

体験レッスンができるところもいくつかあるので、気になる方は試してみるのも良いと思います。
また、お金を掛けずに中国人と会話したい方は、Hello Talkというアプリもあります。
色んな人がいて難易度はちょっと高めですが、良き友に出会えれば
生きた中国語を学ぶことができますよ!

 

 

***ブログランキング参加中☆応援クリックお待ちしてます***

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

幫助中文學習雑記
Sponsor Link
シェアする
***オススメ動画視聴サービス***

■U-NEXT ≪2021年7月現在の情報≫


*見放題動画21万本、レンタル動画2万本を配信(2021年4月時点)

「31日間無料トライアル登録」の特典・月額プラン2,189円(税込)が31日間無料

U-NEXT 中国ドラマ一覧
■スカパー!


*加入後、2週間は約70チャンネルを視聴料無料で視聴可能
*1チャンネルから選べて、月ごとに契約変更可能。

■Amazon Prime Video

你的同学

コメント

タイトルとURLをコピーしました